So-net無料ブログ作成

殿ヶ谷戸庭園と岩崎家  [展示会・展覧会・イベント]

七夕が飾られた
 
150706_001.jpg

7月1日の殿ヶ谷戸庭園の管理事務所前のグリーンカーテンでは
 
150706_002.jpg

糸瓜と
 
150706_003.jpg

瓢箪がもうかわいい実をつけていました。
そのグリーンカーテンの脇のテーブルに
 
150706_004.jpg

公開講演会『殿ヶ谷戸庭園(隋宜園)と岩崎家』の案内が置かれてありました。

昨日5日にその講演会に行ってみました。
場所は殿ヶ谷戸庭園から歩いて5分ほどの
 
150706_005.jpg

東京都国分寺労政会館でした。
主催は武蔵野文化協会で講師は
 
150706_006.jpg

樋渡達也氏でした。
樋渡先生は千葉大の園芸科を卒業後東京都の公園事業で活躍された方です。
公演は
 
150706_007.jpg

レジュメに沿ってパワーポイントで行われました。
 
150706_011.jpg

殿ヶ谷戸庭園それ自体の説明もわかり易かったのですが それよりも
 
150706_008.jpg

東京圏の拡大と田園都市構想やその中で別荘地が郊外にできて行った話、
 
150706_009.jpg

岩崎家が関係した庭園の多くが
 
150706_010.jpg

東京の公園行政に寄与した話などとてもためになるものでした。

そうそうちょうど昨日アップされた落合同人さんの 下落合で死去し大磯で甦ったE.サンダース。 に出てくる澤田美喜さんについても
 
150706_012.jpg

若干触れられ、なんという偶然かと驚いた公演でした。

nice!(157)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 157

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0