So-net無料ブログ作成

殿ヶ谷戸庭園160811  [自然]

殿ヶ谷戸庭園へは先月の7月24日に行ったのでほぼ3週間ぶりです。
この日は山の日で祝日だったので
 
160814_001.jpg

日章旗が掲揚されています。
昔は我が家でも掲揚していたのですが今はどこへ行ったやら、、、

自転車置き場前の牡丹は
 
160814_002.jpg

この暑さで悲惨な状況になっています。
 
160814_003.jpg

正に盛夏の陽射しは痛いほどですが園の木陰、
 
160814_004.jpg

藤棚は助かります。
この時期花はほとんどなく寂しいのですが
 
160814_005.jpg

蓮華升麻だけが
 
160814_006.jpg

ひっそりと咲いています。
あ、
 
160814_007.jpg

藪蘭も咲いていました。
油蝉の抜け殻が付いていました。
生れる命もあれば
 
160814_008.jpg

死もあります。
蝉の地上での命は一週間といわれていましたがどうも一か月ほどあるらしい。

nice!(131)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 131

コメント 4

majyo

レンゲショウマ、私もこの間御前山で見ました。頂上近くです
入っては行けないロープ内でした。可憐ですね


by majyo (2016-08-14 18:19) 

kou

セミは樹液を吸って生きるため、捕まえてかごに入れておくと1週間くらいで命を終えてしまうことを見て、寿命が短いという俗説が広まったらしいですね。
いずれにしても何年も幼虫で1ヶ月しか成虫でないとしたら、成虫期間が短いことに変わりはないのですが。(^^;
by kou (2016-08-14 21:42) 

kurakichi

majyo さん

ここは管理されている庭園ですから間近で見られますよ。

by kurakichi (2016-08-18 08:33) 

kurakichi

kou さん

そうですね。
長くても地上生活は1ヶ月。
土の中の生活は数年といわれていますからつらい一生ですね。

by kurakichi (2016-08-18 08:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0